一コマまんがコラム

【日々是好日-015】キャッチボール


2018年5月15日

コラム「自分の仕事に出合う」
~このコラムでは、自分が求める仕事に出合うためのヒントを紹介します~

 

 

大学で講演した後、3人の学生さんからメールが。

 

そのうちの1人は、名前を名乗ることも無く、ただ、「異性とのコミュニケーションは、どう取ればいいですか?」と質問のみ。

いくら何でもこりゃ無いわ!と憤り、メールをくれたことへのお礼と、まずは名乗っておいでと返信。

 

どうせ返事は無いだろうと思い込んでた数日後、

「申し訳有りませんでした」という謝罪と共に、本名を名乗って改めての質問が来た。

予想を裏切ったその対応が嬉しくって、こちらからもいくつか質問を書いて返信。

その次に来た返事には、自分で考えてみて、どんな気づきが有ったか、これからどうするかが綴られていた。

 

彼とのやりとりを通じて感じたのは、人との関係は、一方的ではない、お互いのやりとりから生まれるということ。

ボールをもらったら、投げ返す。
そんなキャッチボールのようなコミュニケーションを取ってみようよ。
きっと新しい関係が生まれてくるよ。

 

 

 

------------------------------------

 

谷 益美(たに ますみ)

 

コーチング&ファシリテーションOffice 123代表。
1974年香川県生まれ。
早稲田大学ビジネススクール、岡山大学で非常勤講師。企業、大学、官公庁などで年間150本超の「笑える学べる元気になる」対話型研修などを行う。(http://www.1234go.net)
著書「リーダーのための!コーチングスキル」「マンガでやさしくわかるファシリテーション」他